2016年6月9日木曜日

インド製ラグ 

北インド・バドヒで製造されたラグ
バドヒはインドでもラグ・カーペットの一大生産地として有名である。
グルガオンなどの新興都市のハンディクラフトの業者も本社はバドヒにある
というケースが多い。つまりはバドヒ出身ということだ。


バドヒのカーペット業の歴史は古く、ほとんどの家庭がこの産業にかかわって
いると言われている。どこの家にも注文されたラグ類を置く倉庫がある。


バドヒには多くの輸出業者の邸宅が密集している。それほどこの産業の
利益が多いということである。中には自家用飛行機を所有する経営者もいる。


2016年6月5日日曜日

マイソール サンダルソープ

マンソールのサンダル石鹸はカルナータカ州の州政府経営工場で製造されている。
いくつか種類があるが、その中でもGOLDが一番肌さわりも香りも良い。
石鹸にはサンダル(ビャクダン)のオイルが使われている。

工場の前面写真
英国時代からの歴史を持つ



下がGOLDの箱の中身


GOLD以外にも高級石鹸がはある。
下の石鹸は2番目人気のプレミアムである。






注文はこちらのサイトでもできる。
また、サンダルソープの工場についてはこちらのサイトに詳しく書かれている。

古代インドのコイン

スンガ朝(紀元前2世紀ー2世紀)のコインである。
昔、インドにて入手。



両面にシンボルがある。
表に象、棒、卍、牛
裏面に、3丘、十字、木である



アンティークのシルクサーリー

インドで購入したシルクサーリー
もともとの所有者は某所のマハラジャーである。


かなり古いもので少し生地が傷んでいる。
生地は間違いなく海外製であるが、いまのところ製造国は不明である。





2016年6月3日金曜日

コーナー刺繍

パシュミナの刺繍には、ボーダー、ジャールとジャマワール以外にコーナーというものがある。
コーナーは文字通り、隅っこのほうから刺繍のデザインがされているものだ。

これにも多種多様なデザインがあるのだが、その多くは小さなベイズリー模様があるのがほとんどである。

写真は、あまりないデザインであるがコーナーの大型ベイズリー模様だ。



アンティーク調の模様であり、この手のショールは特注しないとまず手に入らないであろう。